「そこに山があった−いたばしの山岳信仰−」
日程:2020年7月2日(木)〜9月30日(水)
会場:板橋区立郷土資料館
 
「美術館がおこなう「狩野派学習帳」展と連携し、江戸時代の信仰に関する展示をおこないます。江戸時代には、山岳信仰が発達し、富士山をはじめとする様々な山へ登拝するばかりでなく、ミニチュアの富士山である富士塚や御嶽塚が各地に造られました。富士山の山開きに合わせ、江戸時代の人々がどのようなことを考えながら山へ向かっていたのかを考えます。」(HPより)
 
 詳細:板橋区立郷土資料館
「祈りのかたち−山岳信仰と末法思想−」
日程:2020年3月3日(火)〜9月27日(日)
会場:東京国立博物館 平成館 考古展示室
 
「奈良時代の終わりから平安時代にかけて、山林で修行する僧によって広められた山岳信仰は、わが国の古代社会において独自の発展を遂げた信仰形態のひとつであり、やがて修験道へと展開していきます。本展示では、山岳信仰の代表的な霊場として著名な奈良県大峯山頂や栃木県日光男体山の山頂の出土品を展示し、山岳信仰で用いられた品の種類や使われ方など紹介します。」(HPより)
 
 詳細:東京国立博物館
「聖地をたずねて−西国三十三所の信仰と至宝−」
西国三十三所 草創1300年記念 特別展
 
日程:2020年7月23日(木・祝)〜9月13日(日)
会場:京都国立博物館 平成知新館
 
「西国三十三所草創から1300年。これを機としてゆかりの深い京都の地で、特別展を開催いたします。今もなお、老若男女、国籍を問わず、人々をひきつける巡礼の魅力を、美しい観音菩薩の姿や各札所の寺宝を通じてご紹介します。観音信仰とともに守り伝えられてきた至宝の数々をご堪能ください。」(HPより)
 
 詳細:公式サイト
 
 これまで紹介した企画展
2011年  2012年   2013年  2014年   2015年
2016年  2017年   2018年  2019年   2020年